コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水中カメラ すいちゅうカメラ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

水中カメラ
すいちゅうカメラ

水中でも使用できるカメラ。代表的機種ニコンのニコノスで,1963年発売の初代ニコノスは 6気圧防水,1992年発売のニコノスRSはオートフォーカス機構も備え 100mの潜水ができた。ニコノスRSを除くニコノスシリーズは陸上でも使えたため,砂埃や雪のなかでも撮影できる全天候型カメラとして用いられた。コンパクトカメラでも防水機能を備えた機種がつくられ,1994年に発売されたキヤノンオートボーイD5は 5mの防水機能付き。デジタルカメラでも 3mや 10mなどの防水機能をもつ機種が登場している。高級クラスのデジタルカメラには,雨や砂埃に耐える防塵・防滴構造をもつ機種が多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

すいちゅう‐カメラ【水中カメラ】

水中で使用できるように防水処理を施したカメラ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

水中カメラ【すいちゅうカメラ】

水中で撮影できるよう水密機構を備えた写真機。普通の写真機を耐圧ケースに入れて操作するものと,写真機自体が耐圧機構をもつものとがある。フィルムの巻上げ,シャッター,フラッシュなどが水中で操作できる。
→関連項目カメラ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

すいちゅうカメラ【水中カメラ】

水中で使えるよう防水・耐圧処理をしたカメラ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

水中カメラの関連キーワードアレクサンダー ジェームズマリンワールド海の中道アルカリ蓄電池水中考古学広角レンズあおり足水中写真

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

水中カメラの関連情報