コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

観心本尊鈔 かんじんほんぞんしょう

2件 の用語解説(観心本尊鈔の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

観心本尊鈔
かんじんほんぞんしょう

日蓮の著作のうち最も重要なもの。詳名は,『如来滅後五五百歳始観心本尊鈔』といい「本尊鈔」「観心鈔」と略称する。文永 10 (1273) 年,佐渡の配所で作った。1巻。観心の対象たる宇宙の根本真理すなわち本尊は,あらゆる世界,あらゆる領域を貫き,万有の根源となっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

かんじんほんぞんしょう【観心本尊鈔】

日蓮が、その教理を体系的に著した書。一巻。1273年成立。妙法蓮華経の題目を、宇宙の根本真理の表現としてとらえ、これを唱えることによって仏の世界に入ることができると説く。如来滅後五五百歳始観心本尊鈔。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone