コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

観心本尊鈔 かんじんほんぞんしょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

観心本尊鈔
かんじんほんぞんしょう

日蓮の著作のうち最も重要なもの。詳名は,『如来滅後五五百歳始観心本尊鈔』といい「本尊鈔」「観心鈔」と略称する。文永 10 (1273) 年,佐渡の配所で作った。1巻。観心の対象たる宇宙の根本真理すなわち本尊は,あらゆる世界,あらゆる領域を貫き,万有の根源となっている。それを表現している『妙法蓮華経』に,末法第五の 500歳のとき,根本真理を具現する菩薩の出現が予言されている。したがって『法華経』を口称することにより,この身このまま仏の境地にひたることができるといって,『法華経』の本尊を観心の対象とすべしという,日蓮独自の世界観と教理体系が展開されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

かんじんほんぞんしょう【観心本尊鈔】

日蓮が、その教理を体系的に著した書。一巻。1273年成立。妙法蓮華経の題目を、宇宙の根本真理の表現としてとらえ、これを唱えることによって仏の世界に入ることができると説く。如来滅後五五百歳始観心本尊鈔。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

観心本尊鈔の関連キーワード法華経寺三大部一巻日寛

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android