コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水字貝 スイジガイ

2件 の用語解説(水字貝の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

すいじ‐がい〔‐がひ〕【水字貝】

スイショウガイ科の巻き貝。殻高約25センチ。貝殻の長い突起が六方向に伸び、「水」の字に似た形で、灰白色の地に茶色の斑紋がある。紀伊半島以南の暖海に分布。肉は食用、殻は火難よけのお守りにする。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

すいじがい【水字貝】

海産の巻貝。殻高25センチメートルに及ぶ。殻口縁に長い六本の突起があり、「水」の字の形に似る。灰白色の地に暗褐色の斑点が散在し、殻口内は紅色。肉は食用。殻は観賞用、また「水」にあやかり火難よけの護符とされた。本州南部以南の浅海の砂底にすむ。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone