コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水平探測気球 すいへいたんそくききゅうhorizontal sounding balloon

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

水平探測気球
すいへいたんそくききゅう
horizontal sounding balloon

高度を一定に保ち,風のまにまに流れ,その高度の風速気圧,気温,湿度を観測する気球。気球の容積が変わらないようにして一定量のヘリウムガスが詰められているため,気球は大気中で密度が一定の面に沿って流れていく。流れる気球の位置を追跡すれば風速がわかり,気球に吊るされた測器からの電波を地上で受けると気圧,気温,湿度がわかる。気球はどこにでも自由に流れていくため,ラジオゾンデによる観測をしていない地域でも上層の気象がわかる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android