コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水平探測気球 すいへいたんそくききゅうhorizontal sounding balloon

1件 の用語解説(水平探測気球の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

水平探測気球
すいへいたんそくききゅう
horizontal sounding balloon

高度を一定に保ち,風のまにまに流れ,その高度の風速,気圧,気温,湿度を観測する気球。気球の容積が変わらないようにして一定量のヘリウムガスが詰められているため,気球は大気中で密度が一定の面に沿って流れていく。流れる気球の位置を追跡すれば風速がわかり,気球に吊るされた測器からの電波を地上で受けると気圧,気温,湿度がわかる。気球はどこにでも自由に流れていくため,ラジオゾンデによる観測をしていない地域でも上層の気象がわかる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone