コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奈落の底 ナラクノソコ

デジタル大辞泉の解説

ならく‐の‐そこ【奈落の底】

地獄。「奈落の底へ突き落とされる」
抜け出すことのできない、どうにもならない状態。「極貧の奈落の底からはいあがる」
物事の最終。果ての果て。
「つぎかけ、つぎかけ。―まで飲み伏せ」〈浄・会稽山

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ならくのそこ【奈落の底】

地獄の底。 「 -に落ちる」
底の知れないほど深い場所。
抜け出すことのできない困難な立場や身の上。 「 -から再起する」
物事の最後。 「つぎかけ〱、-まで飲み伏せ/浄瑠璃・会稽山」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

奈落の底の関連キーワード縛られたプロメテウス言ふならく身の上浄瑠璃奈落永沈

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

奈落の底の関連情報