コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水漬く ミズク

デジタル大辞泉の解説

み‐ず・く〔‐づく〕【水漬く】

[動カ四]みづく(水漬)

みず‐つ・く〔みづ‐〕【水漬く】

[動カ五(四)]《「みずづく」とも》水がつく。水にひたる。みづく。
「菖蒲など咲いていたほど―・いていた」〈秋声縮図

み‐づ・く【水漬く】

[動カ四]水につかる。水にひたる。
「海行かば―・く屍(かばね)」〈・四〇九四〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

みずく【水漬く】

( 動四 )

みずつく【水漬く】

( 動四 )
水に浸る。水浸しになる。みづく。 「池めいてくぼまり、-・ける所あり/土左」

みづく【水漬く】

( 動四 )
水につかる。水にひたる。 「海行かば-・く屍かばね山行かば草生す屍/万葉集 4094

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

水漬くの関連キーワード花王おさむ大伴家持汗水漬く酒みづく橘舞子水浸し土左

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

水漬くの関連情報