水産季節(読み)すいさんきせつ

世界大百科事典 第2版の解説

すいさんきせつ【水産季節】

海藻の採取回遊魚の魚獲などに代表されるように水産業もどの時期が最も適切であるか,季節によってきめられている。これを水産季節という。ノリ,コンブなど海藻は1年ごとの採取で,生育には水温の変化が重要な要素となる。回遊魚は漁場が季節的に移動するので場所によって漁期がきまってくる。そのため暖冬など著しい自然変化によって水産季節の変動が生じる。また産卵,生育,資源保護のために禁漁期間が設けられている場合もある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android