コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水野勝知 みずの かつとも

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

水野勝知 みずの-かつとも

1838-1919 幕末の大名。
天保(てんぽう)9年2月26日生まれ。陸奥(むつ)二本松藩(福島県)藩主丹羽長富の8男。水野勝任(かつとう)の養子となり,文久2年下総(しもうさ)結城(ゆうき)藩(茨城県)藩主水野家10代。戊辰(ぼしん)戦争に際しては幕府側にたち,新政府側の藩士がまもる結城城を攻めて占領したが,新政府軍の反撃に敗れ(結城戦争),隠居謹慎となった。大正8年4月22日死去。82歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

水野勝知

没年:大正8.4.22(1919)
生年:天保9.2.26(1838.3.21)
幕末の結城藩(茨城県)藩主。奥州二本松城主丹羽長富の8子。水野勝任の養子となり,文久2(1862)年藩主の座に就く。明治1(1868)年1月の鳥羽・伏見の戦ののち,江戸にあって新政府軍への抗戦を決意。だが結城の藩庁は義叔父勝寛を擁立して恭順方針を探ったため,3月15日彰義隊の援助を受け結城城を攻撃,占拠。4月5日,新政府軍に攻められ江戸に敗走。捕らえられ,隠居・謹慎の処分を受けた。戊辰戦争下の多くの藩には,新政府への抗戦派と恭順派の対立がみられるが,その典型的な例である。

(井上勲)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

水野勝知の関連キーワード小場兵馬小川鈴之

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android