水野好美(読み)みずの こうび

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

水野好美 みずの-こうび

1863-1928 明治-大正時代の俳優。
文久3年9月24日生まれ。洋画家から転じて新派劇界にはいり,明治24年伊井蓉峰(ようほう)の男女合同劇で初舞台。31年河合武雄らと浅草常盤(ときわ)に「奨励会」を組織し,座長として7年間常打ち公演した。晩年は浅草で寄席を経営。昭和3年3月25日死去。66歳。播磨(はりま)(兵庫県)出身。前名は誉志美。号は孤芳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android