コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊井蓉峰 いいようほう

8件 の用語解説(伊井蓉峰の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

伊井蓉峰
いいようほう

[生]明治4(1871).9.30. 東京
[没]1932.8.15. 東京
新派俳優。本名北庭申三郎。 1891年,銀行勤務をやめて川上音二郎一座に参加。同年依田学海の後援で男女合同改良演劇を標榜して済美館で旗揚げ,95年伊佐水 (いさみ) 演劇を興し,『心中天網島』はじめ近松の作品を忠実に上演。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

いい‐ようほう〔いゐ‐〕【伊井蓉峰】

[1871~1932]新派俳優。東京の生まれ。本名、申三郎。新派大合同劇の座長格。端麗な容姿と都会的な芸風で、新派の代表的な俳優として活躍した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

伊井蓉峰【いいようほう】

新派俳優。本名北庭申三郎。写真師北庭筑波の子として東京に生まれた。銀行員から川上音二郎一座に入り,のち退座して男女合同改良演劇済美館(せいびかん)を組織,新演劇の創造を企図した。
→関連項目井上正夫

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊井蓉峰 いい-ようほう

1871-1932 明治-昭和時代前期の俳優。
明治4年8月16日生まれ。北庭筑波(きたにわ-つくば)の子。明治24年男女合同改良演劇の済美(せいび)館を結成する。35年東京真砂座で近松劇を上演。42年新派大合同劇では座頭となる。大正期には河合武雄,喜多村緑郎と新派三頭目時代をつくった。昭和7年8月15日死去。62歳。東京出身。独逸(ドイツ)学協会学校卒。本名は申三郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

伊井蓉峰

没年:昭和7.8.15(1932)
生年:明治4.8.16(1871.9.30)
明治から昭和期の新派俳優。東京生まれ。本名申三郎。父は写真師北庭筑波。川上音二郎一座を経て,明治24(1891)年東京浅草に男女合同改良演劇済美館を旗揚げし,写実劇を試みた。35年原作に忠実な近松研究劇を上演し注目され,森鴎外の戯曲を初演するなど文学的志向を強めていった。41年新派大合同の座長となり,大正期には河合武雄,喜多村緑郎と共に新派劇の中心俳優として活躍,すぐれた容貌で人気を集めた。当たり役は「不如帰」の武男,「金色夜叉」の貫一,「二筋道」の阿久津などである。<参考文献>柳永二郎『伊井蓉峰年代記』

(藤木宏幸)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

いいようほう【伊井蓉峰】

1871‐1932(明治4‐昭和7)
俳優。本名申三郎,東京日本橋生まれる。1891年浅草の吾妻座で男女合同改良演劇〈済美館(せいびかん)〉の旗揚げをし,千歳米坡(ちとせべいは)という女優を生んで,芸術主義の写実劇をめざした。1902年に近松劇を原作のまま上演して注目され,12年に明治座の座主となり,名実ともに新派界三巨頭(他に河合武雄,喜多村緑郎)の筆頭となった。当り役は《不如帰(ほととぎす)》の武男,《金色夜叉(こんじきやしや)》の貫一など。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

いいようほう【伊井蓉峰】

1871~1932) 俳優。東京生まれ。改良演劇の一座を組織し、写実性を重んじた演技で文芸作品を上演。新派劇の基礎を確立した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伊井蓉峰
いいようほう
(1871―1932)

俳優。写真師北庭筑波(きたにわつくば)の子として東京・日本橋に生まれる。独逸(ドイツ)学協会に学び、銀行勤務を経て1891年(明治24)の済美館(せいびかん)演劇に参加し、千歳米坡(ちとせべいは)の相手役を演じて美男俳優として認められた。彼には川上音二郎らの壮士芝居とは異なる出発をしたという意識が強く、実際に芸風も彼らとは違い、旧派俳優と一座して歌舞伎(かぶき)の演目を手がけたり、文芸作品の劇化上演を試みたりした。また、1902年(明治35)から約4年間にわたる近松研究の成果はかなり注目された。明治末には名実ともに新派の第一人者となり、大正期には河合武雄、喜多村緑郎(ろくろう)とともに活躍して今日の新派の基礎を築いた。[松本伸子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の伊井蓉峰の言及

【新派】より

…演技・演出ともに基本的には歌舞伎の物まねであったが,書生的な蛮声をはりあげての弁舌が注目された。もう一つの出発点は,91年11月に浅草の吾妻座で伊井蓉峰(ようほう)が〈男女合同改良演劇〉と称して〈済美館(せいびかん)〉を興し,依田学海《政党美談淑女之操》などを上演し,また翌年7月市村座で山口定雄が,93年6月吾妻座で福井茂兵衛(1860‐1930)が,それぞれ一座を組織し旗揚げをした動きである。彼らには政治色はまったくなく山口は元歌舞伎役者だし,伊井も芝居好きで銀行勤めからこの世界にとびこんだ人間であった。…

※「伊井蓉峰」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

伊井蓉峰の関連キーワード英太郎井伊蓉峯高田実聟島柳永二郎木村猛夫熊谷武雄(1)柴田善太郎瀬戸英一(2代)花柳喜章

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone