コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水野正好 みずの まさよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

水野正好 みずの-まさよし

1934-2015 昭和後期-平成時代の考古学者。
昭和9年8月14日生まれ。奈良国立文化財研究所員,文化庁記念物課調査官などをへて,昭和58年奈良大教授,平成6年学長。大阪府文化財調査研究センター(現・大阪府文化財センター)理事長,元興寺(がんごうじ)文化財研究所長をつとめた。平成27年1月27日死去。80歳。大阪府出身。大阪学芸大(現・大阪教育大)卒。著作に「土偶」(「日本の原始美術」5),「島国原像」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

デジタル大辞泉の解説

みずの‐まさよし〔みづの‐〕【水野正好】

[1934~2015]考古学者。大阪の生まれ。大阪府文化財調査研究センター理事長、元興寺文化財研究所長などを歴任縄文時代から現代まで幅広く研究し、後進の育成にも尽力した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

水野正好の関連キーワード三内丸山遺跡吉野ヶ里遺跡長屋王家木簡加茂岩倉遺跡上淀廃寺水野昭和

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android