コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

氷河遺跡 ひょうがいせき

1件 の用語解説(氷河遺跡の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

氷河遺跡【ひょうがいせき】

氷河時代に進出した氷河の消滅後に残る種々の氷河地形,氷河の運んだ土砂など。その時代の気候史,地史,生物史の研究に重要。日本では日高山脈や中部山岳地方に2回の氷期(ウルム氷期中の亜氷期に相当)の遺跡としてカールモレーンなどが発見されている。
→関連項目笠ヶ岳立山飛騨山脈

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

氷河遺跡の関連キーワードアブレーション氷河氷河時代漂石氷河擦痕氷河性海面変動エングレイシャル周氷河融氷流水氷河角礫岩

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone