氷火山(読み)コオリカザン

デジタル大辞泉の解説

こおり‐かざん〔こほりクワザン〕【氷火山】

溶岩ではなく低温のなどを噴出する地形。水、アンモニアメタンなどを含む液体と固体が入り混じった物質を噴出し、そのエネルギー源は、近傍の天体が及ぼす潮汐力であると考えられている。地球では見られず、木星天王星海王星衛星冥王星などの太陽系外縁天体で観測例がある。氷の火山

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android