潮汐力(読み)ちょうせきりょく(英語表記)tidal force

  • ちょうせきりょく〔テウセキ〕
  • 潮×汐力

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

潮汐現象を起こす力。起潮力ともいう。地球,また地球と太陽は,万有引力法則に従って互いに引き合っているが,地球に対する影響は月のほうが大きく,太陽は月の約半分の影響力しかもたない。地球と月とは向かい合った線上ベクトルで引き合っているが,逆の方向に働く遠心力で釣り合っている。太陽とも同様で,地球上で月,太陽と向き合った面には海水が引き寄せられ,同時に遠心力によって地球の裏面にも同量の海水が集められる。引き寄せられたときが,その地点での満潮で,そうでないときが干潮である。このように海水に作用する引力から,剛体である地球全体に作用する月の引力を差し引いたものを潮汐力という。潮汐力は太陽と月が一直線に並ぶときに最も大きく大潮となり,月,地球,太陽が直角に位置したときに最も小さく小潮となる。前者満月,新月(→),後者上弦下弦にあたる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

潮の干満を起こす力。月や太陽の引力による。地球の海洋表面に及ぼす引力が各地点で少しずつ異なるため、海水の移動を生じる。太陽は遠くにあるので、その力は月の約半分。一般的に、大きさを点と見なせない物体重力が作用する際、重力源に近い側と遠い側で重力が異なり、物体を変形させようとする力が働く。起潮(きちょう)力。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

市中感染

病院内で体内に摂取された微生物によって引き起こされる感染症である「院内感染」と対をなす言葉で、病院外で摂取された微生物によって発症した感染症を指す用語。社会生活をしている健康人に起こる感染症で、多くは...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android