コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永井了吉 ながい りょうきち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

永井了吉 ながい-りょうきち

1893-1979 昭和時代の国家主義者。
明治26年6月2日生まれ。昭和7年勤皇維新同盟を結成,総理となる。神兵隊事件前田虎雄とまじわる。9年西郷隆秀,大森曹玄らの直心道場にかかわり,機関誌「核心」の編集にたずさわる。戦後,国民総連合中央委員。昭和54年1月17日死去。85歳。千葉県出身。東京帝大卒。著作に「日本起つ乎」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

永井了吉の関連キーワード国家主義者昭和時代

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android