コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永井尚庸 ながい なおつね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

永井尚庸 ながい-なおつね

1631-1677 江戸時代前期の大名。
寛永8年生まれ。永井尚政(なおまさ)の子。明暦4年兄永井尚征(なおゆき)が山城(京都府)淀(よど)藩主になった際,河内(かわち)(大阪府)に2万石を分与される。若年寄をへて,寛文10年京都所司代となった。この間,「本朝通鑑編修の奉行もつとめた。延宝5年3月27日死去。47歳。通称は子中。号は壁陰軒,閑通子。名は「ひさつね」ともよむ。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

永井尚庸の関連キーワード永井直敬

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android