コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永井岩之丞 ながい いわのじょう

1件 の用語解説(永井岩之丞の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

永井岩之丞 ながい-いわのじょう

1845-1907 明治時代の司法官。
弘化(こうか)2年9月生まれ。戊辰(ぼしん)戦争の際は幕臣の養父永井尚志(なおむね)とともに江戸からのがれ,箱館(はこだて)の五稜郭(ごりょうかく)でたたかう。明治6年司法省にはいり,水戸始審裁判所判事長,東京控訴裁判所判事をへて,27年大審院判事。明治40年5月25日死去。63歳。本姓は三好。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

永井岩之丞の関連キーワード司法官憲司法官試補石井忠恭乾孚志川目亨一木下哲三郎中山要人長谷川喬原田種成前田孝階

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone