コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永井岩之丞 ながい いわのじょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

永井岩之丞 ながい-いわのじょう

1845-1907 明治時代の司法官。
弘化(こうか)2年9月生まれ。戊辰(ぼしん)戦争の際は幕臣の養父永井尚志(なおむね)とともに江戸からのがれ,箱館(はこだて)の五稜郭(ごりょうかく)でたたかう。明治6年司法省にはいり,水戸始審裁判所判事長,東京控訴裁判所判事をへて,27年大審院判事。明治40年5月25日死去。63歳。本姓は三好。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

永井岩之丞の関連キーワード複成片麻岩内褶曲新派劇後藤三右衛門(2代)スタング(父子)奥村五百子木子清敬立見尚文古川太四郎細谷十太夫堀江佐吉

今日のキーワード

闇ポテチ

2017年に起こったジャガイモ不足を発端に、非正規のルートで流通したポテトチップスのこと。16年の台風被害などで原料となる北海道産ジャガイモの収穫量が減少したことを受け、17年3月に株式会社湖池屋が、...

続きを読む

コトバンク for iPhone