コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永井清史 ながい きよふみ

1件 の用語解説(永井清史の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

永井清史 ながい-きよふみ

1983- 平成時代の競輪選手,自転車競技選手。
昭和58年5月18日生まれ。岐阜第一高時代の平成12年インターハイ1000mタイムトライアル,13年スプリントで優勝し,14年世界自転車競技センター(WCC)へ留学。競輪学校をへて,15年岐阜競輪場でデビュー。20年北京五輪の代表となり,長塚智広,渡邉一成とともにチームスプリントで6位入賞。ケイリンでは日本人初の銅メダルを獲得した。日本競輪選手会岐阜支部所属。岐阜県出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

永井清史の関連キーワード競輪自転車競技法高原永伍山崎勲中川誠一郎新田祐大全日本プロフェッショナル自転車競技選手権大会日本自転車競技連盟室内自転車競技

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

永井清史の関連情報