コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永井直諒 ながい なおまさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

永井直諒 ながい-なおまさ

1850*-1919 幕末-明治時代の大名,華族。
嘉永(かえい)2年11月24日生まれ。永井直次の3男。永井直壮(なおたけ)の弟。永井直矢(なおつら)の養子となり,慶応元年摂津高槻(たかつき)藩(大阪府)藩主永井家13代。鳥羽・伏見の戦いでは幕府の命令で山城の洞ケ峠(ほらがとうげ)の警備にあたるが,新政府軍とはたたかわず日和見(ひよりみ)的な態度をとった。子爵。大正8年12月14日死去。71歳。通称は鉄之丞。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

永井直諒の関連キーワードフォード(John Ford(1895―1973))グリフィス逃亡奴隷法石英岩ビダー牧野省三テーラーゴールド・ラッシュ縮合デミル(Cecil Blount De Mille)

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android