永井直諒(読み)ながい なおまさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

永井直諒 ながい-なおまさ

1850*-1919 幕末-明治時代の大名,華族。
嘉永(かえい)2年11月24日生まれ。永井直次の3男。永井直壮(なおたけ)の弟。永井直矢(なおつら)の養子となり,慶応元年摂津高槻(たかつき)藩(大阪府)藩主永井家13代。鳥羽・伏見の戦いでは幕府の命令で山城の洞ケ峠(ほらがとうげ)の警備にあたるが,新政府軍とはたたかわず日和見(ひよりみ)的な態度をとった。子爵。大正8年12月14日死去。71歳。通称は鉄之丞。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android