コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永井精古 ながい きよひさ

1件 の用語解説(永井精古の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

永井精古 ながい-きよひさ

1772-1826 江戸時代後期の国学者。
安永元年生まれ。家職の阿波(あわ)(徳島県)大麻比古(おおあさひこ)神社の神職をつぐ。讃岐(さぬき)(香川県)の山中豊前,備前(岡山県)の小寺清先(きよさき)に,のち伊勢(いせ)(三重県)の荒木田久老(ひさおゆ)に師事し,神典復古学をとなえた。文政9年3月19日死去。55歳。著作に「引板音(ひたのおと)」「阿波国式社略考」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

永井精古の関連キーワードハウフ噺本クルップビニー内館元右衛門メイランクルップ除蝗録ビエラすい(彗)星佐藤一斎

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone