コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永正記 えいしょうき

1件 の用語解説(永正記の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

えいしょうき【永正記】

伊勢の内宮の忌服・触穢(そくえ)・禁忌などについての制規を記した書。内宮禰宜(ねぎ)荒木田守晨(もりとき)の撰。2巻。1513年(永正10)成る。書名はその成立時の年号にちなむ。上巻には内外親族仮服事,夫婦仮服有無事より触穢日数事,神忌所労禁忌事,忌火物事など30条について記し,下巻には神明遺勅並びに朝家憲章および両宮の規範,また往昔の例,中古の趣,当時の儀など120条について,つまりその戦国の争乱期にも神宮において忌服などについて厳重に守らせる目的で,まず旧例を分類整理して記し,ついでその典拠を記している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone