コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永田一二 ながた かずじ

1件 の用語解説(永田一二の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

永田一二 ながた-かずじ

1850-1897 明治時代のジャーナリスト。
嘉永(かえい)3年2月生まれ。母校慶応義塾の教員をへて,明治13年「愛国志林」「愛国新誌」記者となる。のち「山陽新報」「海南新聞」「再生北陸政論」などの主筆をつとめ,民権思想をひろめた。明治30年1月28日死去。48歳。豊前(ぶぜん)中津(大分県)出身。幼名は兼太郎。著作に「仏国革命盛衰記」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の永田一二の言及

【愛国志林】より

…資金,編集ともに高知の立志社が中心となり,大阪で発行。植木枝盛,永田一二らが編集,執筆にあたり,基本的人権や人民主権を主張。自由民権思想の普及に大きく貢献した。…

※「永田一二」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

永田一二の関連キーワード国際ジャーナリスト機構国際ジャーナリスト連盟ジャーナリスティックジャーナリストフォトジャーナリストブラックジャーナリズムパックジャーナリズムフォトジャーナリズムスポーツジャーナリスト海内果