永田一二(読み)ながた かずじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

永田一二 ながた-かずじ

1850-1897 明治時代のジャーナリスト。
嘉永(かえい)3年2月生まれ。母校慶応義塾の教員をへて,明治13年「愛国志林」「愛国新誌」記者となる。のち「山陽新報」「海南新聞」「再生北陸政論」などの主筆をつとめ,民権思想をひろめた。明治30年1月28日死去。48歳。豊前(ぶぜん)中津(大分県)出身。幼名は兼太郎。著作に「仏国革命盛衰記」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の永田一二の言及

【愛国志林】より

…資金,編集ともに高知の立志社が中心となり,大阪で発行。植木枝盛,永田一二らが編集,執筆にあたり,基本的人権や人民主権を主張。自由民権思想の普及に大きく貢献した。…

※「永田一二」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android