コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

氾勝之書 はんしょうししょ Fàn Shèng zhī shū

1件 の用語解説(氾勝之書の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

はんしょうししょ【氾勝之書 Fàn Shèng zhī shū】

中国,漢代の農書。氾勝之撰。氾勝之の生没年代は不詳であるが,前漢成帝(在位,前32‐前7)のころの官吏と思われる。本書には普通の規模の農家の耕作法と,山陵・傾斜地,都市近郊の土地狭小の零細農家を対象とした区田法とが書かれていたと想定され,後者が有名である。区田法には溝種法と坎種(かんしゆ)法の2種があって,前者は180尺×48尺(1尺=23cm)の矩形(くけい)の地に幅10.5尺の町(播種地)と1.5尺の溝(作業用の道)を交互に作り,町の中をさらに1尺幅の畝と溝とを交互に作って溝中に播種する方法である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

氾勝之書の関連キーワード矢土勝之農書農政全書山梨勝之進会津農書井上勝之助神野勝之助菊地勝之助仲田勝之助増井勝之

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone