コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

氾勝之書 はんしょうししょFàn Shèng zhī shū

世界大百科事典 第2版の解説

はんしょうししょ【氾勝之書 Fàn Shèng zhī shū】

中国,漢代の農書。氾勝之撰。氾勝之の生没年代は不詳であるが,前漢成帝(在位,前32‐前7)のころの官吏と思われる。本書には普通の規模の農家の耕作法と,山陵・傾斜地,都市近郊の土地狭小の零細農家を対象とした区田法とが書かれていたと想定され,後者が有名である。区田法には種法と坎種(かんしゆ)法の2種があって,前者は180尺×48尺(1尺=23cm)の矩形(くけい)の地に幅10.5尺の町(播種地)と1.5尺の溝(作業用の道)を交互に作り,町の中をさらに1尺幅の畝と溝とを交互に作って溝中に播種する方法である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報