汝自身を知れ(読み)なんじじしんをしれ(英語表記)gnōthi sauton

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

汝自身を知れ
なんじじしんをしれ
gnōthi sauton

デルフォイの神殿に刻まれていたといわれる有名な格言ディオゲネス・ラエルティオスはこれをギリシア七賢人の一人タレスに帰すが,同じ七賢人の一人スパルタのキロンの作とも他の賢者の言葉ともいわれ定かではない。ソクラテスは,人間の知恵が神に比すれば取るに足らぬものであるとする立場から,何よりもまず自己の無知を知る厳格な哲学的反省が肝要であるとして,この格言を自己の哲学的活動の出発点においた (『ソクラテスの弁明』『ファイドロス』) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

なんじじしんをしれ【汝自身を知れ】

自分が無知であることを自覚し、その自覚に立って真の知を得、正しく行為せよ。 〔アポロンをまつるデルフォイの神殿の入り口に掲げられていた語で、ソクラテスが行動上の標語としたもの〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android