コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

江坂元之助 えさか もとのすけ

1件 の用語解説(江坂元之助の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

江坂元之助 えさか-もとのすけ

1838-1865* 幕末の武士。
天保(てんぽう)9年生まれ。江坂栄次郎の兄。播磨(はりま)(兵庫県)姫路藩士。京都で尊攘(そんじょう)運動にくわわる。文久3年八月十八日の政変による七卿落ちに随行できず帰藩。千種(ちぐさ)家の家臣賀川肇(はじめ)らを殺害した容疑で捕らえられ,元治(げんじ)元年12月26日切腹。27歳。名は行厚。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

江坂元之助の関連キーワード安藤杢之進井田平三郎世木騎六床井荘三富田三保之介西川升吉長谷川通之介藤村太郎保田信六郎渡辺義助

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone