江坂元之助(読み)えさか もとのすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

江坂元之助 えさか-もとのすけ

1838-1865* 幕末の武士。
天保(てんぽう)9年生まれ。江坂栄次郎の兄。播磨(はりま)(兵庫県)姫路藩士。京都で尊攘(そんじょう)運動にくわわる。文久3年八月十八日の政変による七卿落ちに随行できず帰藩。千種(ちぐさ)家の家臣賀川肇(はじめ)らを殺害した容疑で捕らえられ,元治(げんじ)元年12月26日切腹。27歳。名は行厚。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android