江戸堀(読み)えどぼり

世界大百科事典 第2版の解説

えどぼり【江戸堀】

大阪市西区にあった堀川。大坂冬・夏の陣後における市改造事業のなかで新設された諸運河の一つで,中之島を流れる土佐堀川に並行してその南側に,西横堀川と木津川を結んで1617年(元和3)開削された。両岸には諸藩蔵屋敷や諸国荷受問屋が集中し,遠国から諸商品が集まって〈水の都〉らしい活況をみせた。この堀川の西端京町堀との間が雑喉場(ざこば)と呼ばれ,大坂三大市場の一つである魚市があり,瀬戸内海はもちろん遠く九州からも鮮魚が大量に入荷した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

江戸堀の関連情報