コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

江木欣々 えぎ きんきん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

江木欣々 えぎ-きんきん

1877-1930 明治-大正時代,江木衷(ちゅう)の妻。
明治10年生まれ。関新平の次女。東京新橋の芸者。書画,篆刻(てんこく),謡曲,乗馬などひろい趣味をもち,社交界で名を知られた。大正14年夫と死別。昭和5年2月20日自殺した。54歳。鏑木清方(かぶらき-きよかた)の「築地明石町」のモデルといわれる。名は栄子。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

江木欣々の関連キーワード江木 衷大正時代江木衷明治