コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

江木衷 えぎ まこと

3件 の用語解説(江木衷の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

江木衷 えぎ-まこと

えぎ-ちゅう

江木衷 えぎ-ちゅう

1858-1925 明治-大正時代の官僚,法律家。
安政5年9月19日生まれ。江木仙右衛門の次男。江木千之(かずゆき)の弟。江木欣々(きんきん)の夫。警視庁,司法省,外務省などにつとめ,退官後の明治26年弁護士。東京弁護士会会長。英吉利(イギリス)法律学校(現中央大)の創立者のひとり。大正14年4月8日死去。68歳。周防(すおう)(山口県)出身。東京帝大卒。名は「まこと」ともよむ。号は冷灰。著作に「刑法汎論」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

江木衷

没年:大正14.4.8(1925)
生年:安政5.9.19(1858.10.25)
明治大正期の弁護士。山口県出身。父は江木仙左衛門,兄は江木千之。明治17(1884)年東大法学部卒。同郷の伊藤博文の知遇を得て官界に入り,明治21~22年井上馨農商務相,24~25年品川弥二郎内相の秘書官などを勤める。18年英吉利法律学校(中央大の前身)設立に参加,『刑法原理』などの教科書を著す。民法典論争には英法派・延期派の代表として,仏法派・断行派の磯部四郎らと論争。26年官を辞して弁護士となり,法制審議会の委員として民法,商法,刑法,刑事訴訟法などの立法に参加。刑法(1907年公布)がイタリア学派の影響下で,裁判官の権限を拡大したことを批判。大逆事件裁判を批判し,暗黒裁判の原因は陪審制がないことだと,陪審法を推進した。

(長尾龍一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

江木衷の関連キーワード県内の弁護士の偏在女性弁護士の誕生乾政彦海野普吉大山菊治柿崎欽吾高橋義次横山勝太郎

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone