コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

江村老泉 えむら ろうせん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

江村老泉 えむら-ろうせん

1735-1814 江戸時代中期-後期の書家。
享保(きょうほう)20年生まれ。土佐高知藩士。勘定頭役などをつとめる。江戸で関思恭にまなぶ。帰郷後,1000人におよぶ弟子をそだてたという。文化11年9月21日死去。80歳。名は震。字(あざな)は致福。通称は兵太夫,弥三。著作に「老泉雑記」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

江村老泉の関連キーワードブルボン朝葛飾北斎雍正帝古月軒ケイズルケイズル河原崎座乾隆帝雍正帝ダニーロ

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android