コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関思恭 せき しきょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

関思恭 せき-しきょう

1697-1766* 江戸時代中期の書家。
元禄(げんろく)10年2月17日生まれ。儒学を太宰(だざい)春台に,書を細井広沢(こうたく)にまなぶ。草書にたくみで,草聖とよばれた。江戸で書道塾をひらき,のち常陸(ひたち)(茨城県)土浦藩につかえた。明和2年12月29日死去。69歳。本姓は伊藤。字(あざな)は子粛(ししゅく)。通称は源内。号は鳳岡(ほうこう)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関思恭の関連キーワード朋誠堂喜三二江村老泉関口黄山伊藤華岡中山高陽篠田明浦関其寧

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android