コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関思恭 せき しきょう

2件 の用語解説(関思恭の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

関思恭

江戸中期の書家。江戸生。本姓は伊藤氏。字は子粛、通称は源内、号は鳳岡・恭黙斎等。水戸藩士伊藤祐宗の四男。書を細井広沢に、経史を太宰春台に学ぶ。草書を能くし、常陸土浦藩に右筆として仕えた。明和2年(1766)歿、69才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

関思恭 せき-しきょう

1697-1766* 江戸時代中期の書家。
元禄(げんろく)10年2月17日生まれ。儒学を太宰(だざい)春台に,書を細井広沢(こうたく)にまなぶ。草書にたくみで,草聖とよばれた。江戸で書道塾をひらき,のち常陸(ひたち)(茨城県)土浦藩につかえた。明和2年12月29日死去。69歳。本姓は伊藤。字(あざな)は子粛(ししゅく)。通称は源内。号は鳳岡(ほうこう)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

関思恭の関連キーワード荒木維岳勝間竜水高頤斎島篆癖滕永孚馬場董水松井半平松原素元山地芙蓉猨山叡麓

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone