コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

江見啓斎 えみ けいさい

1件 の用語解説(江見啓斎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

江見啓斎 えみ-けいさい

1758-1829 江戸時代中期-後期の神職,国学者。
宝暦8年生まれ。越後(えちご)(新潟県)の西奈弥(せなみ)羽黒神社の神主。京都で松岡仲良に垂加流神道をまなぶ。のち本居宣長の門にはいる。文化2年から文政11年まで24年におよぶ日誌がのこっている。文政12年7月21日死去。72歳。名は長載(ながのり)。通称は大和,将曹。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

江見啓斎の関連キーワード松平定信松平定信松平定信松平定信鶴屋南北俚言集覧稲村三伯ウェブスター経済表

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone