江越礼太(読み)えごし れいた

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

江越礼太 えごし-れいた

1827-1892 幕末-明治時代の教育者。
文政10年6月生まれ。肥前小城(おぎ)藩(佐賀県)藩士。江戸で古賀謹一郎に入門。長崎で英語をまなび,藩校興譲館でおしえる。明治5年有田の小学校教員となり,製陶の実習教育にあたる。16年校長。陶芸の実業学校(有田工高の前身)の創設につくした。明治25年1月31日死去。66歳。名は道容。字(あざな)は如心。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android