コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

実業学校 じつぎょうがっこう

6件 の用語解説(実業学校の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

実業学校
じつぎょうがっこう

第2次世界大戦前の旧学制において実業教育および普通教育を施した学校の総称。明治前半期は関係の各省がそれぞれ管轄していたが,1883年以後次第に文部省の管轄となり,「実業学校」の名称もこの頃から使用された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

じつぎょう‐がっこう〔ジツゲフガクカウ〕【実業学校】

実業教育を施した旧制中等学校工業学校農業学校商業学校商船学校など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

実業学校【じつぎょうがっこう】

第2次世界大戦前の日本で,産業教育を施した中等程度の学校の総称。明治初年に農商務省や工部省などの管轄する普及事業として始まり,漸次文部省へ移管,1899年実業学校令により整備された。
→関連項目高等学校職業教育青年学校専門学校中学校

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

じつぎょうがっこう【実業学校】

明治初年以来鉱工業,農業,商業などの産業を実業と総称する習慣が生まれ,一般にこれら実業に従事しようとする者のための教育を行う学校を実業学校と称したが,1899年の実業学校令制定後は同令に準拠する学校を意味した。1910年には学校数(実業補習学校実業専門学校を除く)477校,生徒数約4万人であったが,最盛期の45年には1743校,生徒数約40万人に達した。実業学校には,次の種類があった。(1)機械,電気などの近代工業の諸学科と実習を教授する工業学校。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

じつぎょうがっこう【実業学校】

旧制中等学校のうち、実業教育を施す工業学校・農業学校・商業学校・商船学校・実業補習学校の総称。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

実業学校
じつぎょうがっこう

1947年(昭和22)4月1日に法律上廃止された各種の実業教育機関の総称。1872年(明治5)の「学制」のなかで中学の一種としてあげられた工業学校、商業学校、農業学校等にその源をみることができる。しかし実際には、その体系化は、1883年の農学校通則や翌年の商業学校通則に始まり、93年の実業補習学校規程や翌年の徒弟学校規程あるいは簡易農業学校規程を経て進められ、99年の「実業学校令」によって制度上初めて統一的な位置が与えられた。この勅令では、工業、農業、商業、商船、実業補習のための5種類の学校があげられた。一般に甲種、乙種に分かれ、甲種は高等小学校卒業者を入学資格として修業年限3年、乙種は尋常小学校卒業後3年とされた。その後、1920年(大正9)の実業学校令の改正によって、甲種・乙種の区別を廃止するとともに、修業年限5年の実業学校も認めるようになり、また24年の改正では、尋常小学校卒業後の修業年限を5年、高等小学校卒業後の修業年限を3年とした。さらに1943年(昭和18)には、中等学校令の制定によって、実業学校を中学校および高等女学校と制度的に同格の中等学校と定め、国民学校初等科卒業後の修業年限を4年(1946年に5年と改正)、国民学校高等科卒業後の修業年限を3年とした。実業学校は、中等学校としてわが国の近代産業の発展に貢献してきたが、学校系統のうえではつねに傍系視される傾向が強かった。[真野宮雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の実業学校の言及

【実業教育】より

…第2次大戦後は実業教育と称することは少なく,ほぼ同様の教育は産業教育あるいは職業教育と称されている。実業教育の萌芽は70年代からみられたが,井上毅文相のもとで94年に実業補習学校規程および実業教育費国庫補助法が制定されて政府が積極的に奨励策をとりはじめると,おりからの日本資本主義の発展のもとで急激に発達しはじめ,実業学校令(1899)および専門学校令(1903)の制定により体系的に整備された。実業学校は,当初から実業学校として創設されたものが大部分であったが,農事講習所,蚕業講習所などのように,当初は他省所管の施設で後に文部省所管の実業学校となったものもある。…

【職業教育】より

…アメリカではいち早くこの改革にとり組んだが,西欧諸国では中等学校の伝統への執着が強く,他方で職種別に組織された労働組合が職種ごとの職域に固執する傾向が強いこととあいまって職業教育の内容が細分化され専門化しているため,この面での教育制度改革にはなお未解決の課題が多い。
[日本の職業教育]
 明治維新後の日本では,大工,建具職などの伝統的な職業の分野では年季制で技能を伝習する旧来の教育方法が一般化したが,近代的な産業諸分野では,1894年の実業教育費国庫補助法,99年の実業学校令により,初等教育の基礎のうえに職業教育を行う実業学校の制度が普及したほか,時代の要求に敏感に対応する柔軟な教育システムをもつ各種学校が普及した。工業,農業,商業,水産などの中等程度の実業学校は,第2次大戦後の教育改革によって高等学校の職業学科として再編され,国民教育制度としての中等教育の一部を構成している。…

※「実業学校」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

実業学校の関連キーワード工業立地産業中毒食品産業戦略産業博覧会勧業実業第一次産業原始産業鉱工業生産者出荷指数

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

実業学校の関連情報