コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

江里口匡史 えりぐち まさし

1件 の用語解説(江里口匡史の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

江里口匡史 えりぐち-まさし

1988- 平成時代の陸上競技選手。
昭和63年12月17日生まれ。種目は短距離。鹿本高時代の平成18年国体の少年100mで優勝。19年日本インターカレッジの100mで優勝。21年日本選手権の100mで優勝,同年の世界選手権では2次予選進出。24年日本選手権の100mを4連覇,同年のロンドン五輪代表に選ばれ,4×100mリレー(山県亮太江里口匡史高平慎士飯塚翔太)で5位に入賞,100mは予選で落選。大阪ガス所属。熊本県出身。早大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

江里口匡史の関連キーワード世界陸上第28回国際・全日本マスターズ陸上競技選手権山口大会堀端宏行高田静雄高野進竹内広三郎帖佐寛章山崎勇喜鈴木雄介森岡紘一朗

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

江里口匡史の関連情報