コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

池原ダム いけはらダム

3件 の用語解説(池原ダムの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

池原ダム
いけはらダム

奈良県南東部,熊野川支流北山川の中流,池原に建設された関西一のアーチ式の発電専用ダム(→アーチダム)。1964年完成。堤高 111m,堤長 460m,有効貯水量 2億2000万m3で発電所の最大出力 35万kW。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

池原ダム

奈良県吉野郡下北山村の新宮川水系北山川に位置する発電用のダム。1964年竣工、高さ110メートルドーム式アーチダムで、総貯水量338,373,000立方メートル湛水面積843ヘクタールは国内最大級。ダム湖は「池原貯水池」または「池原湖」と呼ばれ、2005年、ダム湖百選に選定されている。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

池原ダム
いけはらだむ

奈良県南東部、吉野郡下北山村にあるダム。熊野川支流の北山川中流に、吉野熊野特定地域総合開発事業の一環として建設された奈良県最大の電源開発会社発電用アーチ式ダムである。1964年(昭和39)に完成し、堤高111メートル、堤長318メートル、貯水池面積6.5平方キロメートル、有効貯水量2.2億立方メートルで、吉野熊野国立公園の一部をなす。下流に池原発電所(揚水式、出力35万キロワット)と瀞峡(どろきょう)がある。[菊地一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の池原ダムの言及

【上北山[村]】より

…大台ヶ原山は年間降水量が4700mmをこえる日本屈指の多雨地帯である。熊野川電源開発計画により,1962年に坂本ダム,64年には池原ダムが完成し,東ノ川,白川の両集落約200戸が水没,その6割が村外に移住した。同時に国道169号線(東熊野街道)の整備が進み,66年に新伯母峰トンネルが開通,吉野,橿原(かしはら)方面へ通じるようになった。…

【北山川】より

…瀞峡は北山峡ともいわれるが,狭義の北山峡は北山村付近の小松峡,七色峡などのある奥瀞のみをさす。上流が日本一の多雨地であるため有力な電源地域で,池原ダム(堤高111m)は北山川本流に支流の東ノ川が合流する曲流部に1966年完成したアーチ式ダムである。さらに下流の七色ダムの水は夜間の余剰電力を利用して池原ダムに揚水もされる。…

※「池原ダム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

池原ダムの関連キーワード北山川瀞八丁熊野川[町]奈良県吉野郡上北山村奈良県吉野郡下北山村熊野川〈町〉千歳〈村〉野津〈町〉上北山[村]北山[村]

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

池原ダムの関連情報