コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熊野川 くまのがわ

8件 の用語解説(熊野川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

熊野川
くまのがわ

和歌山県南東部,新宮市中・北部の旧町域。熊野川右岸に位置する。 1956年小口村,三津ノ村,九重村,玉置口村の4村と敷屋村の一部が合体して町制。 2005年新宮市と合体。大部分は紀伊山地で,林業を主とする。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

熊野川
くまのがわ

紀伊半島南部の川。上流は奈良県の大峰山脈に源を発する十津川を本流とし,和歌山県に入って熊野川となる。新宮市北部の宮井で三重県からの北山川と合流し,三重・和歌山県境をほぼ南流,熊野灘に注ぐ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

くまの‐がわ〔‐がは〕【熊野川】

和歌山・三重県境を流れる川。源は奈良県の天(てん)ノ川。上流は十津(とつ)川といい、途中で北山川を合わせ、新宮市で熊野灘(くまのなだ)に注ぐ。長さ183キロ。新宮川。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

熊野川【くまのがわ】

紀伊半島中部を南流し和歌山県新宮市で熊野灘に注ぐ川。長さ183km,流域面積2360km2。上流は奈良県を南流する十津川で,和歌山県にはいって大支流の北山川と合流する。
→関連項目大台ヶ原山紀宝[町]紀和[町]熊野川[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

くまのがわ【熊野川】

紀伊山地に水源をもち,奈良県吉野郡から三重・和歌山県境を流れ熊野灘に注ぐ川。新宮(しんぐう)川ともいう。幹川流路延長183km,全流域面積2360km2。上流の奈良県側では十津(とつ)川と呼ばれ,三重・和歌山県境で紀伊山地東部を流れる北山川を合流する。日本有数の多雨地帯を流域にもち流量は豊富であるが流域内の耕地はわずかで,人口も流域市町村合わせて約10万人にすぎない。1956‐65年の吉野熊野総合開発により,電源,林産資源の開発が行われ,十津川流域には,猿谷,風屋,二津野など,北山川流域には,坂本,池原などのダムが建設された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

くまのがわ【熊野川】

三重県と和歌山県の境を流れる川。上流は十津川で、北山川を合わせ新宮市で熊野灘に注ぐ。全長183キロメートル。新宮川。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔和歌山県(三重県)〕熊野川(くまのがわ)


和歌山・三重県境を流れる川。1級河川(新宮(しんぐう)川水系)。延長183km。流域面積2360km2。紀伊(きい)山地中央部の大峰(おおみね)山脈の山上ヶ(せんじょうが)岳(標高1719m)南腹に源を発し、十津川(とつかわ)渓谷を南流、和歌山・三重県境で北山川と合流し、南東流して熊野灘(なだ)に注ぐ。かつては北山川合流点から河口までの部分称の扱いだったが、1998年(平成10)それまで十津川とよばれていた部分も含め熊野川に統一された(水系名は「新宮川水系」のまま)。流域一帯はスギ・ヒノキの大産地。かつては材木運搬の筏(いかだ)流しが盛んに行われた。中流の田辺(たなべ)市本宮(ほんぐう)町に熊野三山の中心である熊野本宮大社、河口近くの新宮市に熊野速玉(はやたま)大社があり、那智勝浦(なちかつうら)町の熊野那智大社を含めた「紀伊山地の霊場と参詣道」として2004年(平成16)、世界遺産文化遺産)に登録された。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国指定史跡ガイドの解説

くまのがわ【熊野川】


熊野参詣道(くまのさんけいみち)

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
この内容は執筆時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

熊野川の関連キーワード浅野川鏑川烏川北川雲出川富田川二級河川小瀬川西城川祝子川

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

熊野川の関連情報