コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瀞峡 どろきょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

瀞峡
どろきょう

三重県和歌山県奈良県の3県にまたがる熊野川の支流北山川峡谷。下,上瀞,奥瀞に分かれる。下瀞は葛川との合流点である田戸 (奈良県十津川村) から下流へ約 1.3kmの下地 (和歌山県新宮市飛び地の玉置口) までの間で,瀞八丁と呼ばれる。渓谷美に優れ,国の特別名勝・天然記念物に指定されている。ジェット船による観光はここで行なわれる。両岸に 20~50mの絶壁が迫り,奇岩,洞穴を配した深淵が続く。田戸から上流へ 2.1kmの小松までが上瀞で,下瀞とは対照的に岩石の変化や流れの緩急が激しい。奥瀞は小松からさらに上流の約 30kmをいうが,1965年完成の七色ダムにより,淵や峡谷は水没。昔日の面影はないが,初夏のツツジ,秋の紅葉は依然美しい。吉野熊野国立公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

どろ‐きょう〔‐ケフ〕【瀞峡】

三重・奈良・和歌山3県の県境にある峡谷。熊野川の支流北山川にあり、上流から奥瀞峡(北山峡)・上(かみ)瀞峡・下(しも)瀞峡の三つに分けられる。下瀞峡の玉置口(たまいぐち)田戸(たど)の約1.2キロメートルが最も渓谷美にすぐれ、瀞八丁と呼ばれて国の特別名勝・天然記念物に指定されている。吉野熊野国立公園の一部。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

瀞峡【どろきょう】

三重・奈良・和歌山3県境を流れる北山川の峡谷。滝が浸食で後退し淵(ふち)となったものといわれ,樹林におおわれた絶壁が続き,水深は20mにも及ぶ。吉野熊野国立公園に属し,新緑,紅葉が美しく,熊野川町(現・新宮市)付近の下瀞は瀞八丁(特別名勝・天然記念物)と呼ばれ8丁(約1km)にわたり,特に景勝。
→関連項目紀宝[町]熊野川[町]新宮[市]三重[県]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

どろきょう【瀞峡】

奈良,和歌山,三重の3県境を流れる北山川の峡谷。川は激しく穿入(せんにゆう)蛇行して景勝をなし,吉野熊野国立公園に含まれている。下流の和歌山県熊野川町玉置口と奈良県十津川村田戸の間約1.2kmの下瀞,田戸とその上流三重県紀和町和田の間約2kmの上瀞,さらに上流の和歌山県北山村七色まで約28kmの奥瀞に分かれる。北山峡とも総称するが,北山峡は狭義には奥瀞をいう。また下瀞は瀞八丁(特名・天)とよばれ,両岸は高さ20~50mの懸崖をなし,最も深い涵玉潭(かんぎよくたん)では水深約20mに及ぶ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔三重県(奈良県・和歌山県)〕瀞峡(どろきょう)


紀伊(きい)半島南東部、三重・奈良・和歌山の3県境を流れる北山(きたやま)川の峡谷。下流から下(しも)瀞・上(かみ)瀞・奥(おく)瀞に分かれる。吉野熊野(よしのくまの)国立公園を代表する景勝地。下瀞は瀞八丁ともよばれ、国の特別名勝・天然記念物に指定。峡谷中心の下瀞は高さ20~50mの断崖(だんがい)や、奇岩・洞穴が連なる雄大な峡谷美を展開。滝が浸食作用で後退してできたといわれ、最大水深は20m。奥瀞は小森(こもり)ダム建設により大半が水没。下瀞ではウォータージェット船が運航。上瀞では観光筏(いかだ)流しによる峡谷探勝が行われる。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

瀞峡
どろきょう

和歌山・三重県境を流れる熊野(くまの)川の支流北山(きたやま)川の峡谷。瀞は、深い淵(ふち)では川の流れが静止してみえることをいい、もとは泥、洞の字があてられた。下流から下(しも)瀞、上(かみ)瀞、奥瀞に分けられる。瀞峡の中心をなすのは和歌山県新宮市熊野川町玉置口(たまいぐち)から上流の田戸(たど)(奈良県十津川(とつかわ)村)までの約1キロメートルの下瀞で、瀞八丁として特別名勝・天然記念物に指定されている。熊野川との合流点に近い志古(しこ)からのジェット船による遊覧もこの部分である。中生代珪質(けいしつ)岩を貫いて嵌入(かんにゅう)蛇行し、両岸は20~50メートルの懸崖(けんがい)をなし、滝壺(たきつぼ)の後退によるとの成因説がある。川幅は100メートル前後、水深は最深部約20メートル。柱状節理による奇岩、洞穴、深淵(しんえん)が続き、吉野熊野国立公園のなかでも特筆される雄景である。田戸から2.1キロメートルさかのぼった小松までが上瀞で、下瀞より両岸が低く河床に岩礁が現れ激しい瀬となっている。小松から上流20キロメートルは奥瀞で、七色(なないろ)峡も含まれるが、小松・七色両ダムでほとんど水没した。上瀞には観光用の筏(いかだ)流しがある。[小池洋一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

瀞峡の関連キーワード和歌山県新宮市熊野川町田長三重県熊野市紀和町小川口食堂・喫茶 瀞ホテル埼玉県秩父郡長瀞町熊野(紀伊半島)熊野川(旧町名)熊野川川舟下り和歌山(県)熊野川(川)湯ノ峰温泉新宮(市)紀和[町]十津川温泉紀宝[町]川湯温泉池原ダム浸食作用紀伊山地熊野市本宮

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

瀞峡の関連情報