コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瀞峡 どろきょう

6件 の用語解説(瀞峡の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

瀞峡
どろきょう

三重県和歌山県奈良県の3県にまたがる熊野川の支流北山川の峡谷。下瀞,上瀞,奥瀞に分かれる。下瀞は葛川との合流点である田戸 (奈良県十津川村) から下流へ約 1.3kmの下地 (和歌山県新宮市飛び地の玉置口) までの間で,瀞八丁呼ばれる

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

どろ‐きょう〔‐ケフ〕【瀞峡】

三重・奈良・和歌山3県の県境にある峡谷。熊野川の支流北山川にあり、上流から奥瀞峡(北山峡)・上(かみ)瀞峡・下(しも)瀞峡の三つに分けられる。下瀞峡の玉置口(たまいぐち)田戸(たど)の約1.2キロメートルが最も渓谷美にすぐれ、瀞八丁と呼ばれて国の特別名勝天然記念物に指定されている。吉野熊野国立公園の一部。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

瀞峡【どろきょう】

三重・奈良・和歌山3県境を流れる北山川の峡谷。滝が浸食で後退し淵(ふち)となったものといわれ,樹林におおわれた絶壁が続き,水深は20mにも及ぶ。吉野熊野国立公園に属し,新緑,紅葉が美しく,熊野川町(現・新宮市)付近の下瀞は瀞八丁(特別名勝・天然記念物)と呼ばれ8丁(約1km)にわたり,特に景勝。
→関連項目紀宝[町]熊野川[町]新宮[市]三重[県]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

どろきょう【瀞峡】

奈良,和歌山,三重の3県境を流れる北山川の峡谷。川は激しく穿入(せんにゆう)蛇行して景勝をなし,吉野熊野国立公園に含まれている。下流の和歌山県熊野川町玉置口と奈良県十津川村田戸の間約1.2kmの下瀞,田戸とその上流三重県紀和町和田の間約2kmの上瀞,さらに上流の和歌山県北山村七色まで約28kmの奥瀞に分かれる。北山峡とも総称するが,北山峡は狭義には奥瀞をいう。また下瀞は瀞八丁(特名・天)とよばれ,両岸は高さ20~50mの懸崖をなし,最も深い涵玉潭(かんぎよくたん)では水深約20mに及ぶ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔三重県(奈良県・和歌山県)〕瀞峡(どろきょう)


紀伊(きい)半島南東部、三重・奈良・和歌山の3県境を流れる北山(きたやま)川の峡谷。下流から下(しも)瀞・上(かみ)瀞・奥(おく)瀞に分かれる。吉野熊野(よしのくまの)国立公園を代表する景勝地。下瀞は瀞八丁ともよばれ、国の特別名勝・天然記念物に指定。峡谷中心の下瀞は高さ20~50mの断崖(だんがい)や、奇岩・洞穴が連なる雄大な峡谷美を展開。滝が浸食作用で後退してできたといわれ、最大水深は20m。奥瀞は小森(こもり)ダム建設により大半が水没。下瀞ではウォータージェット船が運航。上瀞では観光筏(いかだ)流しによる峡谷探勝が行われる

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

瀞峡
どろきょう

和歌山・三重県境を流れる熊野(くまの)川の支流北山(きたやま)川の峡谷。瀞は、深い淵(ふち)では川の流れが静止してみえることをいい、もとは泥、洞の字があてられた。下流から下(しも)瀞、上(かみ)瀞、奥瀞に分けられる。瀞峡の中心をなすのは和歌山県新宮市熊野川町玉置口(たまいぐち)から上流の田戸(たど)(奈良県十津川(とつかわ)村)までの約1キロメートルの下瀞で、瀞八丁として特別名勝・天然記念物に指定されている。熊野川との合流点に近い志古(しこ)からのジェット船による遊覧もこの部分である。中生代珪質(けいしつ)岩を貫いて嵌入(かんにゅう)蛇行し、両岸は20~50メートルの懸崖(けんがい)をなし、滝壺(たきつぼ)の後退によるとの成因説がある。川幅は100メートル前後、水深は最深部約20メートル。柱状節理による奇岩、洞穴、深淵(しんえん)が続き、吉野熊野国立公園のなかでも特筆される雄景である。田戸から2.1キロメートルさかのぼった小松までが上瀞で、下瀞より両岸が低く河床に岩礁が現れ激しい瀬となっている。小松から上流20キロメートルは奥瀞で、七色(なないろ)峡も含まれるが、小松・七色両ダムでほとんど水没した。上瀞には観光用の筏(いかだ)流しがある。[小池洋一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

瀞峡の関連キーワードインドシナ半島志摩紀伊紀伊家南紀阿児〈町〉紀伊長島〈町〉大王〈町〉浜島〈町〉喜入〈町〉

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

瀞峡の関連情報