瀞峡(読み)どろきょう

  • どろきょう〔ケフ〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三重県和歌山県奈良県の3県にまたがる熊野川の支流北山川峡谷下瀞,上奥瀞に分かれる。下瀞は葛川との合流点である田戸 (奈良県十津川村) から下流へ約 1.3kmの下地 (和歌山県新宮市飛び地の玉置口) までの間で,瀞八丁と呼ばれる。渓谷美に優れ,国の特別名勝・天然記念物に指定されている。ジェット船による観光はここで行なわれる。両岸に 20~50mの絶壁が迫り,奇岩,洞穴を配した深淵が続く。田戸から上流へ 2.1kmの小松までが上瀞で,下瀞とは対照的に岩石の変化や流れの緩急が激しい。奥瀞は小松からさらに上流の約 30kmをいうが,1965年完成の七色ダムにより,谷は水没。昔日の面影はないが,初夏ツツジ,秋の紅葉は依然美しい。吉野熊野国立公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

三重・奈良・和歌山3県の県境にある峡谷。熊野川の支流北山川にあり、上流から奥瀞峡北山峡)・上(かみ)瀞峡・下(しも)瀞峡の三つに分けられる。下瀞峡の玉置口(たまいぐち)田戸(たど)の約1.2キロメートルが最も渓谷美にすぐれ、瀞八丁と呼ばれて国の特別名勝・天然記念物に指定されている。吉野熊野国立公園の一部。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

三重・奈良・和歌山3県境を流れる北山川の峡谷。滝が浸食で後退し淵(ふち)となったものといわれ,樹林におおわれた絶壁が続き,水深は20mにも及ぶ。吉野熊野国立公園に属し,新緑,紅葉が美しく,熊野川町(現・新宮市)付近の下瀞は瀞八丁(特別名勝・天然記念物)と呼ばれ8丁(約1km)にわたり,特に景勝。その上流2kmを上瀞,さらに上流の十津川村七色まで約28kmを奥瀞という。上瀞へは熊野川町から船便がある。上流のダムにより近年は水量が減った。
→関連項目紀宝[町]熊野川[町]新宮[市]三重[県]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

奈良,和歌山,三重の3県境を流れる北山川の峡谷。川は激しく穿入(せんにゆう)蛇行して景勝をなし,吉野熊野国立公園に含まれている。下流の和歌山県熊野川町玉置口と奈良県十津川村田戸の間約1.2kmの下瀞,田戸とその上流三重県紀和町和田の間約2kmの上瀞,さらに上流の和歌山県北山村七色まで約28kmの奥瀞に分かれる。北山峡とも総称するが,北山峡は狭義には奥瀞をいう。また下瀞は瀞八丁(特名・天)とよばれ,両岸は高さ20~50mの懸崖をなし,最も深い涵玉潭(かんぎよくたん)では水深約20mに及ぶ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

和歌山・三重県境を流れる熊野(くまの)川の支流北山川(きたやまがわ)の峡谷。瀞は、深い淵(ふち)では川の流れが静止してみえることをいい、もとは泥、洞の字があてられた。下流から下(しも)瀞、上(かみ)瀞、奥瀞に分けられる。瀞峡の中心をなすのは和歌山県新宮市熊野川町玉置口(たまいぐち)から上流の田戸(たど)(奈良県十津川(とつかわ)村)までの約1キロメートルの下瀞で、瀞八丁として特別名勝・天然記念物に指定されている。熊野川との合流点に近い志古(しこ)からのジェット船による遊覧もこの部分である。中生代珪質(けいしつ)岩を貫いて嵌入(かんにゅう)蛇行し、両岸は20~50メートルの懸崖(けんがい)をなし、滝壺(たきつぼ)の後退によるとの成因説がある。川幅は100メートル前後、水深は最深部約20メートル。柱状節理による奇岩、洞穴、深淵(しんえん)が続き、吉野熊野国立公園のなかでも特筆される雄景である。田戸から2.1キロメートルさかのぼった小松までが上瀞で、下瀞より両岸が低く河床に岩礁が現れ激しい瀬となっている。小松から上流20キロメートルは奥瀞で、七色(なないろ)峡も含まれるが、小松・七色両ダムでほとんど水没した。上瀞には観光用の筏(いかだ)流しがある。

[小池洋一]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android