コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

池田富保 いけだ とみやす

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

池田富保 いけだ-とみやす

1892-1968 大正-昭和時代の映画監督。
明治25年5月15日生まれ。尾上(おのえ)松之助にみいだされて旅役者から映画俳優となり,尾上松三郎を名のる。大正10年「渡し守と武士」を監督,日活映画ではじめて女形にかえ女優を起用した。昭和43年9月24日死去。76歳。兵庫県出身。本名は民治。作品に「荒木又右衛門」「水戸黄門」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の池田富保の言及

【忠臣蔵映画】より

…牧野省三,尾上松之助のコンビは,こののちも日活で,同社の創立記念作品《忠臣蔵》(1912),《仮名手本忠臣蔵》(1917),最初の超大作といえる《実録忠臣蔵》(1921)など,何度も〈忠臣蔵〉を映画化した。さらに尾上松之助は26年の日活大作《実録忠臣蔵》(池田富保監督)に主演し,牧野省三は日活から独立したのちもみずからのプロダクションで忠臣蔵映画をつくりつづけ,28年には畢生(ひつせい)の大作としてマキノ・プロ作品《忠魂義烈・実録忠臣蔵》を製作し,完成フィルムが火災にあったものの,焼け残りの部分を公開して絶賛を浴びた。この間,天活(天然色活動写真),国活(国際活映),帝国キネマ,松竹など,次々誕生する新会社も,こぞって,忠臣蔵映画をつくった。…

※「池田富保」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

池田富保の関連キーワード尾上 松之助(2代目)伊藤 すえ子尾上 松三郎渡辺 邦男新妻 四郎岩井 咲子源 八千代昭和時代

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

池田富保の関連情報