コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

池田謙斎 いけだ けんさい

3件 の用語解説(池田謙斎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

池田謙斎 いけだ-けんさい

1841-1918 幕末-明治時代の医師。
天保(てんぽう)12年11月10日生まれ。緒方洪庵(こうあん)に師事し,西洋医学所に入学。幕命により長崎でボードインらにまなぶ。ドイツ留学後,明治9年陸軍軍医監,10年東京大学医学部初代綜理。21年日本初の医学博士となる。のち宮中顧問官。大正7年4月30日死去。78歳。越後(えちご)(新潟県)出身。本姓は入沢。初名は桂助,のち謙輔。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

池田謙斎

没年:大正7.4.30(1918)
生年:天保12.11.1(1841.12.13)
明治期の医学教育者,侍医。幼名圭助,のち兼輔。越後国(新潟県)蒲原郡西野新田生まれ。入沢健蔵の次男。安政5(1858)年3月兄恭平を頼って江戸に出て,文久3(1863)年2月20日江戸で緒方洪庵の門下生となった。同年11月長崎に遊学。はじめ洪庵の養子,のち種痘所医師池田多仲の養子となった。明治2(1869)年7月大学校の大助教に任じられ,翌3年宮内省の少典医を兼ねた。同年12月から9年5月までプロイセン(ドイツ)に留学し,帰国後の10年東大医学部綜理として,同学部の基礎づくりに専念,わが国近代医学教育の先駆的役割を果たした。31年2月男爵,35年9月宮中顧問官。<参考文献>『明治天皇の侍医池田謙斎』,長谷川つとむ『東京帝大医学部総理池田謙斎伝』

(深瀬泰旦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

いけだけんさい【池田謙斎】

1841‐1918(天保12‐大正7)
維新から明治時代の医師で,日本近代医学の方向を示したパイオニアの一人。新潟県出身。入沢健蔵の次男で,幕府医員池田玄仲の養子となる。緒方洪庵に学び,1862年(文久2)西洋医学所入学。64年(元治1)幕命で長崎の精得館に行きボードインAnthonius F.Bauduinらに学ぶ。68年(明治1)江戸に帰り,政府に用いられ大学大助教,小典医となる。70‐76年ベルリン大学に留学。陸軍軍医監(のち陸軍一等軍医正),三等侍医(のち侍医局長)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

池田謙斎の関連キーワード入沢達吉岩佐純田宮猛雄長谷川泰教育者岡玄卿長尾精一萩原三圭三田俊次郎棟方玄栄

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone