コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

池辺吉十郎 いけべ きちじゅうろう

2件 の用語解説(池辺吉十郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

池辺吉十郎 いけべ-きちじゅうろう

1838-1877 幕末-明治時代の武士,士族。
天保(てんぽう)9年1月11日生まれ。池辺三山の父。肥後熊本藩士。明治3年藩少参事を辞して私塾をひらき,4年鹿児島に遊学。10年の西南戦争で士族700人をあつめた熊本隊の隊長となり,西郷隆盛に呼応して挙兵した。同年10月26日刑死。40歳。名は重章。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

池辺吉十郎

没年:明治10.10.26(1877)
生年:天保9(1838)
幕末明治期の志士。熊本藩砲術師範の家に生まれる。藩校時習館に学び,幕長戦争小倉の役(1866)に戦功あり,京都詰公用人,熊本藩少参事を歴任,西郷隆盛,桐野利秋らと交流あり,帰郷して郷党の青少年を教育し学校党の勢力を養成した。明治9(1876)年の神風連の乱では,学校党の軽挙を抑えたが,翌10年,薩摩西郷軍が蜂起して(西南戦争)熊本に至るや,学校党を主力に同志700名余の熊本隊を率いて西郷軍に応じた。寺田,立山に奮戦したが戦況利あらず,銃創を被り,10月政府軍に捕縛され,同月26日,長崎で斬刑に処された。明治時代の政論家池辺三山はその子息である。

(福地惇)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

池辺吉十郎の関連キーワード長崎次郎市川兼恭奥満雅黒田十兵衛小堀水翁杉谷雪樵武宮貞幹田付四郎兵衛中津大四郎渡辺尚義

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone