池辺真榛(読み)いけべ まはり

美術人名辞典の解説

池辺真榛

江戸後期の国学者。徳島生。徳島藩士樋口富士左衛門の家臣池辺武右衛門の長男。名は真榛、幼名は通太郎、通称は太平・佳(嘉)右衛門、号を麻生垣内。幼時に井上春城・吉成芳介、萩原広道に学ぶ。のち大坂に出て萩原広道に従って国学を修め、紀伊の本居内遠の門に入った。『古語捨遺新註』『栄花物語略註』『活語略図説』の著書がある。文久3年(1863)歿、34才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

池辺真榛
いけべまはり

[生]天保1(1830).徳島
[没]文久3(1863)
江戸時代後期の国学者。徳島藩士。大坂で萩原広道に従って国学をきわめ,20歳のとき紀伊で本居内遠の門に入る。著書『古語拾遺新註』『大元実義』『加見能御霊』ほか。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android