決裁(読み)けっさい

精選版 日本国語大辞典「決裁」の解説

けっ‐さい【決裁】

〘名〙 権限を持っている者が部下の差し出した案の可否を決めること。裁決
※法窓夜話(1916)〈穂積陳重〉八「竟に其処置に付き委員より政府に上申して決を乞ふに至った」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「決裁」の解説

けっ‐さい【決裁】

[名](スル)権限を持っている上位者が、部下の提出した案の可否を決めること。「決裁を仰ぐ」「書類を決裁する」
[類語]裁断裁量

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

漁夫の利

《シギとハマグリが争っているのを利用して、漁夫が両方ともつかまえたという「戦国策」燕策の故事から》両者が争っているのにつけ込んで、第三者が利益を横取りすることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android