コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沈黙の殺人者(サイレントキラー) ちんもくのさつじんしゃ(さいれんときらー)

1件 の用語解説(沈黙の殺人者(サイレントキラー)の意味・用語解説を検索)

生活習慣病用語辞典の解説

沈黙の殺人者(サイレントキラー)

これといった自覚症状がないため、危険を自覚しないまま放置され、知らないうちに進行し、ある日突然命にかかわる状態となり、初めてことの重大性に気が付く病気のことをいいます。生命の危機を招く恐れがあるため、「沈黙の殺人者 (Silent Killer)」と呼ばれています。代表的な病気に高血圧があります。生活習慣病も、その多くが自覚症状が少なく、放っておくと脳卒中心筋梗塞を発症するため、サイレントキラーといわれています。

出典|あなたの健康をサポート QUPiO(クピオ)
Copyright (c) 2008-2010 Healthcare Committee, Inc. all rights reserved
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

沈黙の殺人者(サイレントキラー)の関連キーワード動悸此れと言う此れと言って自覚症状他覚症状無自覚寛解つがな・し無嗅覚症負担度点数

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone