コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沢木正利 さわき まさとし

1件 の用語解説(沢木正利の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

沢木正利 さわき-まさとし

1835-1884 幕末-明治時代の彫刻家。
天保(てんぽう)6年生まれ。先人の作品を手本とし,独学で彫刻をまなぶ。名工とよばれるようになり,弟沢木正一とともに,名古屋藩の御用掛をつとめた。のち宮内省の依頼で蝋石(ろうせき)の大印材を彫刻した。明治17年8月5日死去。50歳。尾張(おわり)(愛知県)出身。字(あざな)は士淳。号は雲煙堂,雨雪斎,竹海老人,五岳逸人など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

沢木正利の関連キーワード川村吾蔵葛木五平国枝桂助河野百寿後藤功祐沢木正一田中紋阿田村与八郎原田蒼渓山田潮月

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone