コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沢村宗十郎(2代) さわむら そうじゅうろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

沢村宗十郎(2代) さわむら-そうじゅうろう

1713-1770 江戸時代中期の歌舞伎役者。
正徳(しょうとく)3年生まれ。初代沢村宗十郎の養子。初代富沢門太郎の門人。富沢長之助と名のり上方の舞台で色子,若女方をつとめる。寛保(かんぽう)2年歌川四郎五郎と改名し,江戸中村座で立役(たちやく),のち実悪をつとめた。寛延2年2代宗十郎を襲名。明和7年8月30日死去。58歳。前名は竹中(のち滝中)歌川。屋号は紀伊国屋俳名は訥子(とっし),曙山(しょざん)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

沢村宗十郎(2代)の関連キーワード総合年表(アメリカ)カント(Immanuel Kant)ヤーノシークスペイン領ネーデルラントフリードリヒ1世(3世)ハプスブルク家バークリー(George Berkeley)ビバルディピエモンテロイズ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android