コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沢渡精斎 さわたり せいさい

美術人名辞典の解説

沢渡精斎

幕末・明治の画家。京都生。名は広繁、字は公栄・世昌、通称を茂吉・近江大掾。四条派の画家紀広成の甥にあたる。初め広成、のち貫名海屋に学ぶ。また詩文を能くした。内蔵寮史生となり、近江大掾に任じ、従六位下に叙せられた、明治18年(1885)歿、78才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

沢渡精斎 さわたり-せいさい

1808-1885 江戸後期-明治時代の画家。
文化5年生まれ。京都の人。山脇東暉(とうき),ついで貫名海屋(ぬきな-かいおく)にまなんだ。詩文や書にもすぐれ,朝廷につかえた。内蔵寮(くらりょう)史生(ししよう)。明治18年4月5日死去。78歳。名は広繁。字(あざな)は世昌。通称は茂吉。別号に竹居。著作に「松浦八奇勝図」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

沢渡精斎の関連キーワード明治時代

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android