コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山脇東暉 やまわき とうき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山脇東暉 やまわき-とうき

1777-1839 江戸時代後期の画家。
安永6年生まれ。京都の人。松村月渓(げつけい)に入門し,四条派の画風をまなぶ。人物花鳥画を得意としたが,師の没後仏画をこころざした。天保(てんぽう)10年8月23日死去。63歳。字(あざな)は子憲。別号菩提,既白。紀広成(きの-ひろなり)ともいう。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の山脇東暉の言及

【円山四条派】より

…最初は蔑称であったものが,のち正式の流派名になったという。代表的画家に呉春の異母弟で流派の確立者となった松村景文のほか,長山孔寅(こういん)(1765‐1849),佐久間草偃(そうい)(?‐1828),柴田義董(1780‐1819),岡本豊彦(1773‐1845),山脇東暉(1777‐1839)らがいる。 円山四条派は以後も命脈を保ち,近代日本画の確立に大きな役割を果たした。…

※「山脇東暉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

山脇東暉の関連キーワード百々広年大森照子沢渡精斎吉田公均

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android