コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沢田長 さわたのおさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

沢田長 さわたのおさ

古代伝承上の陶工。
防長風土注進案」によれば,神功(じんぐう)皇后が筑紫(つくし)におもむく途中,周防(すおう)(山口県)佐波郡佐野の玉祖(たまのおや)神社にたちより戦勝を祈願した際,長が土器をやき,軍の吉凶をうらなったとされる。それが佐野焼の創始であるとつたえられる。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

沢田長の関連情報