コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沢蓋木 サワフタギ

デジタル大辞泉の解説

さわ‐ふたぎ〔さは‐〕【沢蓋木】

ハイノキ科の落葉低木。山地の沢近くに生え、高さ約2.5メートル。葉は倒卵形。5月ごろ、白い小花が密生して咲く。実は熟すと藍色になる。にしごり。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

さわふたぎ【沢蓋木】

ハイノキ科の落葉低木。山中の湿地に自生。高さ2~3メートル、よく分枝する。葉は倒卵形で互生する。初夏、枝先に白い小花を多数散生し、秋、藍あい色の小核果を結ぶ。材は器具材、灰汁あくは草木染めの媒染剤とする。ニシゴリ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

沢蓋木 (サワフタギ)

学名:Symplocos chinensis var.leucocarpa
植物。ハイノキ科の落葉低木

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

沢蓋木の関連キーワードニシゴリ草木染め媒染剤

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android