コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河上忠晶 かわかみ

2件 の用語解説(河上忠晶の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

河上忠晶

江戸後期・幕末の漢学者・岡山藩士。父は忠光。本姓は紀、川上とも。初名忠精、通称は称市之丞、号は春川。岡山池田藩に仕え、初め和田正定に師事、のち佐藤一斎に漢学、大塩中斎に経史、片山金弥に数理学、滝川睡鷗に軍学を学ぶ。また黒住教祖宗忠の信徒となり、その布教に貢献した。著に『作聖篇』『伝道新篇』等。文久2年(1862)歿、68才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

河上忠晶 かわかみ-ただあき

1795-1862 江戸時代後期の儒者。
寛政7年7月7日生まれ。備前岡山藩士。江戸で佐藤一斎にまなぶ。母の眼病を機に文政5年(1822)黒住教の教祖黒住宗忠に入門,高弟となった。文久2年8月22日死去。68歳。初名は忠精。通称は市之丞。号は春川。著作に「宗忠大明神御伝記」「伝道新篇」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

河上忠晶の関連キーワード六条有栄大沢惟貞江見鋭馬熊田恰佐々木雪峰高木松居谷頭有寿富永漸斎北条角麿吉川介山

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone